YAPLAB

ITコンサルx実務翻訳家 x…複業リーマンのキャリアを考えるボヤキ、気づきを綴ります。

翻訳という仕事

英語が好きな人なら、得意の語学を生かして収入を得たいと思うでしょう。

英語力を活かせる仕事といえばどんな職場や仕事が思い浮かぶでしょうか?

外資系企業

英語教師

通訳

翻訳もその1つかと思います。

翻訳する人のことを、翻訳者、または翻訳家と呼びます。「翻訳」は実際どんな仕事なのでしょう?

翻訳の種類

出版翻訳

映像翻訳

実務翻訳

yaplab.hatenablog.com

私が携わっているのは実務翻訳で、主にIT、機械の英日、金融の日英の仕事をしています。いつか自分の訳書を出版したいと思っていますが、出版、映像に比べると実務は需要が高く、仕事を得やすいことが特徴です。

英語以外の言語では需要がないわけではないのですが、まだまだ英語から日本語、日本語から英語の需要が高いです。これから日本も外国人の受け入れがさらに緩和されますし、国内向けには多言語の需要が増えていきそうな様相です。

翻訳者の働き方と仕事を得るには

主に3つの働き方があります。

一般企業で社内翻訳者

翻訳会社で翻訳者

フリーランス

クライアントは企業や自治体、官公庁で、多くの場合、クライアントは翻訳会社に仕事を依頼し、翻訳会社は社内、もしくはお抱えの翻訳者に仕事を依頼することになります。フリーランスの翻訳者は翻訳会社に登録して仕事を依頼されることになります。翻訳会社に登録するには、多くの場合、トライアルに合格する必要があります。

気になる収入は?

収入は翻訳の1文字あたりの単価、文字数、納期、翻訳に費やせる時間によって変わってきます。

必要なスキル

日本語力

いくら英語力があっても、日本語の読解力が伴わなければいい訳はできません。 「てにをは」「です・ます」「である」など、案件によって注意して使いましょう。

英語力

英語の読み書きができるレベルは最低限必要です。 TOEICでいうと、450以上でしょうか。 明確に何点以上というのはあまり重要ではなくて、中学3年生レベルの平易な英語を読み書きできる。これが基本で、あとは専門知識と共に積み上げていくものになります。

専門知識

「翻訳の種類」からさらに深堀りで得意分野があれば、それを軸に専門知識を増やしていくのがいいでしょう。

調査力

ウェブ検索、過去の論文、文献調査、業界専門誌などを読み漁って、言葉の本質を捉える努力が必要です。

オフィスソフト、IT翻訳ツール

Word、Excel、PowerPointなどのオフィスソフトから、翻訳ソフトを使いこなすことで作業効率もアップできます。Word、Excelのマクロを組んだりできるのも強みになります。翻訳会社によっては、指定の翻訳ソフトを使うことも要求されることもあります。

こんな人が向いてそう

好奇心旺盛で勉強好き

好きなことには時間を忘れて没頭できる。翻訳家もそういう生き物かなと思います。自分が納得する訳をして納期に間に合わせる。

長時間座ってパソコン作業も苦にならない

翻訳は座り仕事なので、時間を区切って要領よく進めます。

翻訳関連の雑誌

代表的なのは以下の4つです。

翻訳事典(アルク)

DVD付 翻訳事典2019-2020 (アルク地球人ムック)

通訳者・翻訳者になる本(イカロス出版)

通訳者・翻訳者になる本2020 (イカロス・ムック)

産業翻訳パーフェクトガイド(イカロス出版)

産業翻訳パーフェクトガイド (イカロス・ムック)

通訳・翻訳ジャーナル(イカロス出版)

通訳翻訳ジャーナル 2019年4月号

おすすめの翻訳者ブログ

Buckeye the Translator

実務翻訳の世界で、元祖2足のわらじをはく井口耕二さんのブログ。 勝手に自分のロールモデルにしています。

技術者から翻訳者へのシルクロード

原子力技術者からフリーランスの技術翻訳者へ転職したあきーらさんのブログ。 コンテンツの量がけた違いです。

特許翻訳 A to Z

特許翻訳者20年+の水野麻子さんのブログ。 一時期、特許翻訳をかじるきっかけになりました。